トリキュラーの避妊教室

経口避妊薬のトリキュラーは避妊をしたことのある方なら病院でも処方されているお薬なのでご存知の方も多いかと思います。当サイトではトリキュラーの避妊効果や服用方法などについてまとめております。

トリキュラーと高脂血症と沸点について

液体が沸騰するときの温度が沸点ですが、沸点以下でも液体の蒸発は起こることがあります。鍋に水を入れてふつふつ熱してきたら、水の温度の上がりお湯に変わります。蒸気が上がって煮立った状態が沸点になります。水が100℃以下でも沸騰することがありますが、それには条件があり、それが気圧との関係にあります。

HDLコレステロールが少ないとか、血液中のLDLコレステロールが多すぎたりするのが、高脂血症の病気です。高脂血症は中性脂肪が多すぎるのも原因となりますから、太り過ぎの認識がある人は、早めの改善が望ましいです。高脂血症は早めに対処しないと、だんだん血管の動脈硬化が進行します。そのうちに脳卒中や心筋梗塞になる危険性もあります。

高脂血症の予防や改善のためには、食事療法と適度な運動が大切です。病院の医薬品だけに頼ることなく、食事の栄養にも目を向けてみましょう。コレステロールの多い食品は、できるだけ控えましょう。食物繊維を豊富に含む食材は、積極的に食事に取り入れることです。人参やごぼう、ブロッコリーなどの野菜もいいでしょう。わかめやひじきなどの海藻類や、えのきやしめじなどのきのこ類も食べたほうが良いです。豆腐や納豆などの豆類も積極的に取り入れるべき食材です。甘いドリンクやアルコールは控えて、ミネラルウオーターや白湯を口にすることです。

トリキュラーは、女性ホルモンを含む経口避妊薬です。トリキュラーを服用することで、排卵はおこらなくなり、子宮の入口の粘液も変化するので、精子が入りにくい状態になります。そのため、受精卵が着床しにくくなります。こういった理由で、トリキュラーを服用することによって、妊娠をふせぐことになります。