トリキュラーの避妊教室

経口避妊薬のトリキュラーは避妊をしたことのある方なら病院でも処方されているお薬なのでご存知の方も多いかと思います。当サイトではトリキュラーの避妊効果や服用方法などについてまとめております。

トリキュラーはセックスの事後に飲むものではない

トリキュラーという経口避妊薬をご存知でしょうか。
トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる女性ホルモン剤の一種で、小さな錠剤が21錠もしくは28錠が1シートに梱包されています。
28錠タイプのものも、女性ホルモンが含まれているのは21錠だけで、残りの7錠は偽薬となっています。
このホルモンが含まれている錠剤を21日間毎日飲み続けることで、排卵が抑制されて避妊効果が発揮されます。21日間飲み終わったあとの偽薬7日間もしくは何も飲まない7日間のうちに、整理様の出血が見られます。これは排卵を伴わないため厳密には生理ではなく、消退出血と呼ばれます。出血量はピル服用期間が短ければ普通の生理と変わらない程度の出血量がありますが、服用期間が長くなるにつれて出血量は減っていく傾向にあります。
トリキュラーは21日間毎日、決まった時間に飲むことで避妊効果を発揮するため、セックスの事後に飲むなどといった決まりはありません。セックスの事後にのんでも避妊効果はなく、毎日続けていなければ何の意味も成しません。
セックスの事後に飲んで避妊効果を発揮する薬はモーニングアフターピルとよばれる薬で、低用量ピルよりも1錠あたりのホルモン含有量が多くなっています。かつては72時間以内に1回目、12時間後に2回目を服用する2回服用タイプのモーニングアフターピルしかありませんでしたが、吐き気など体調に影響する副作用が強いのが特徴でした。
現在では事後120時間以内に1回だけの服用で避妊効果を発揮する新緊急避妊法が登場し、こちらのほうが吐き気などの副作用も少なくなっています。ただ、値段は従来のモーニングアフターピルにくらべて高額になっているのも特徴です。