トリキュラーの避妊教室

経口避妊薬のトリキュラーは避妊をしたことのある方なら病院でも処方されているお薬なのでご存知の方も多いかと思います。当サイトではトリキュラーの避妊効果や服用方法などについてまとめております。

トリキュラーをやめた場合の副作用とは

避妊や生理痛軽減、生理予定日の変更などを目的に使われる低用量ピルの一種であるトリキュラーは、3相性ピルと呼ばれ3種類の異なった錠剤が1シートに用意されています。これらに異なった量の女性ホルモンが含まれており、毎日服用することで体のホルモンバランスをコントロールし、排卵を抑制します。排卵が抑制されると当然妊娠ができなくなるため避妊効果が発揮されます。また、排卵が抑制されるということは卵巣の動きがなくなり、余計な刺激が卵巣にかからなくなるため、卵巣嚢腫の進行防止のための治療や、卵巣がん予防効果もトリキュラーにはあるのです。
このトリキュラーですが、通常服用をするひとは数か月、数年と長い期間服用を続けます。長期間服用していても、妊娠希望など何らかの理由で服用をやめた場合、服薬をやめたことによる副作用がでる場合があります。
よく聞かれる副作用としては、髪の毛の抜ける量が増えるということです。これは、女性ホルモンであるトリキュラーを服用している間は、薬からホルモンを補給しているため体はホルモンの分泌を抑えられています。これを突然やめると、体が適応しきれず、一過性に体の女性ホルモンが少ない状態になってしまいホルモンバランスの乱れが生じるためです。
このトリキュラーをやめたことによる副作用は、おおよそ2、3か月程度で収まりますので過剰に心配しすぎる必要はありませんが、心配な場合は医師に相談し、副作用が現れた場合の対処法などを一緒に考えてから服用中止に入るとよいでしょう。
もしくは、副作用が現れている間の対策として、育毛シャンプーを使用したり、育毛剤を使用するなど少しでも頭皮と髪への負担を減らし、ホルモンバランスが戻った時にすぐ髪が健康に生えるような準備を整えておくことも大切です。