トリキュラーの避妊教室

経口避妊薬のトリキュラーは避妊をしたことのある方なら病院でも処方されているお薬なのでご存知の方も多いかと思います。当サイトではトリキュラーの避妊効果や服用方法などについてまとめております。

生理痛対策にトリキュラー?ロキソニン?バナナはNG

女性であれば誰しも生理の時に生理痛を経験したことがあると思います。
その程度は人によって違いますが、まったく痛みを感じないという人もいれば、激痛で立ってもいられない人まで様々です。同じ人でも、月によって生理痛の酷いときもあれば軽いときもある、やっかいな痛みです。
そんな生理痛対策で多く用いられるのが市販の痛み止めの薬です。かつてはイブプロフェンを主成分とする痛み止めが主流でしたが、現在はロキソニンもドラッグストアで手軽に購入できるようになったため、主にこの2つの痛み止めがよく使われています。
どちらの成分も痛みを止めるプロセスは同じなので、体質に合っているものを選ぶとよいでしょう。
しかし、この痛み止めは常用すると効きが悪くなることもありますし、その時だけの対症療法にすぎません。
もし、毎月のように生理痛がひどい場合は、ロキソニンやイブプロフェンのような痛み止めではなく、低用量ピルであるトリキュラーを使ってみると良いかもしれません。
生理痛があまりにひどい場合、何か病気が隠れている場合もあるため、一度婦人科を受診し、問題なければ生理痛コントロールのためトリキュラーを使いたい旨を医師に伝えてみてください。
トリキュラーを飲んでも痛みがすぐに消えるわけではないので、痛みがなくなるまではロキソニンなどの痛み止めを併用することがおすすめです。
生理痛がひどい人は、生理中の食べ物にも気を配ってみてください。生理中は体を冷やす食べ物は生理痛を悪化させます。例えば、バナナは体を冷やす作用があり、生理痛にはよくありません。バナナはダイエット効果や便秘解消効果があり女性は好んで食べる人が多いですが、生理中は控えるようにしましょう。生理の時以外はバナナは栄養豊富で体にいい作用がたくさんあるので是非摂取してください。