トリキュラーの避妊教室

経口避妊薬のトリキュラーは避妊をしたことのある方なら病院でも処方されているお薬なのでご存知の方も多いかと思います。当サイトではトリキュラーの避妊効果や服用方法などについてまとめております。

食前と食後いつ飲むの?トリキュラーのリスク

トリキュラーは、低用量ピルの一種です。中用量のピルと比べて薬の成分量が少なくなっています。また、3相性タイプのため、自然なホルモン分泌に近づけるように3段階にホルモン量を調整しています。高い避妊効果がありながら、身体への負担が少ないという事が、この薬の特徴です。
トリキュラーの服用を続ける上で、特に気になるのはリスクです。強い副作用等のリスクがあっては、安心して続ける事が出来ないからです。
トリキュラーは薬の成分がそこまで多くはないため、大きな副作用はあまりないといわれています。主な副作用には、悪心や吐き気、頭痛、下腹部や乳房の痛みなどがあります。特に飲み始めによく見られますが、服用を続けていく内に、これらの症状が治まっていくという事が多いです。もし、副作用がなかなか良くならない時は、医師に相談する方が良いでしょう。
重大なリスクとしては、血栓症になる可能性がある、という事が報告されています。ただ、確率は0.1%未満といわれていて、滅多に起こる事はありませんが、把握しておきましょう。
トリキュラーの飲むタイミングは、食前や食後といったタイミングは特に定められていません。自分が飲みやすいタイミングで飲む事が出来ます。ただ、飲み忘れはトリキュラーの効果を半減させてしまう恐れがあるため、夕食後や睡眠前、起床時、朝食後などといった飲む時間をあらかじめ決めておくと良いでしょう。
トリキュラーを正しく服用を続けていく事で、避妊などの効果を十分に発揮する事が出来る薬です。服用によるリスクもそこまで高くなく、安心して使用する事が出来ます。不安な点や疑問がある場合は、医師と相談するのを忘れないようにしましょう。